里帰り出産中のお宮参りはどこに行った?

   

赤ちゃんが生まれたら産後1か月前後で神社へお宮参りを行います。ただ赤ちゃんを連れていけばいいのか誰と行くべきなのか、里帰り中はどうすればいいのかわからないことが多いですよね。自分の体験をふまえながらお宮参りについてご説明します。

お宮参りとはどういうもの?

お宮参りとは本来は氏神様へ赤ちゃんを新しい家族として紹介、挨拶をすることです。氏神様というのは日本において同じ地域に住む人々が共同で祀る神道のことをいいます。地域ごとに氏神様がいて氏神様がその地域をお守りしてくれています。
お宮参りはその地域の氏神様に新しい家族を紹介する、ということなので基本的にはお嫁に行った先(旦那さんの実家)の地域の氏神様にお宮参りに行くことになります。
しかし最近は氏神様に紹介、挨拶というよりも赤ちゃんの健やかな成長を願ってお参りするという意味合いが強く旦那さんの実家の近所の神社に行かなければいけないということはありません。
旦那さんの実家の近くでなくても自分の自宅の近所の氏神様、里帰り中の場合で里帰り先の氏神様でお宮参りする方もいます。

時期は出産から1か月前後で行いますので里帰り出産の方の場合はまだ里帰り中ということも多いと思います。自宅から里帰り先まで片道何時間もかかる場合産後1か月の赤ちゃんが移動しなければいけないのは少しかわいそうですね。
私自身は自宅から車で1時間半程度の実家で里帰り出産しました。旦那さんのご両親とおばあさんの意向で産後1か月で名つけの会を自宅で親戚も呼んで開くこととなりました。そして名つけの会と同じ日にお宮参りも行い、そのために里帰り先から赤ちゃんを連れて帰りました。赤ちゃんにはけっこう疲れさせちゃったかなぁと思いましたが旦那さんのご両親もおばあちゃんも満足してくれていたので行って良かったです。

里帰り先の神社でお宮参りしてもいいの?

里帰り中の場合、旦那さんのご両親がお宮参りに対してどのような考えをお持ちかを確認しておいたほうがいいと思います。
赤ちゃんの健やかな成長をお願いするだけということであれば里帰り先で夫婦と赤ちゃんだけで行っても問題ありません。
しかし旦那さんのご両親がお宮参りはきちんと氏神様にご挨拶しないといけないと考えている場合、里帰り先で夫婦だけで済ますと気を悪くしてしまう恐れがあります。
もともとお宮参りは赤ちゃんの両親と父方の祖父母が参加するものと言われています。そしてお宮参りで赤ちゃんを抱っこするのは父方のおばあちゃんと決まっています。昔はお産というのは穢れ(けがれ)と言われており母親の代わりにお義母さんが抱いてお参りすることで母親の忌明けになるという意味、そして産後で疲れている母親の負担を減らすためという意味があります。
お義母さんがお宮参りで自分が赤ちゃんを抱っこして写真をとることを楽しみにしていたら里帰り先で夫婦だけで済ませてしまうとお義母さんをがっかりさせてしまいます。

時期をずらしてもいいの?

お宮参りは一般的には産後1か月前後と言われています。
正確にいうと男の子の場合は生後31日目、32日目。女の子の場合は生後32日目、33日目です。地域によっても違うので正確にはお義母さんたちに確認してください。
しかし最近は母子の体調が第一優先されます。12月や1月に生まれた赤ちゃんを真冬にお宮参りに行かせて風邪をひかせては大変です。4月以降の動きやすい時期までずらすご家庭も多いです。
ですので里帰り出産で何か月か実家で過ごす場合、1か月前後でお宮参りをするのではなく里帰り先から自宅に戻った後双方のご両親を呼んでゆっくりと行う場合も多いようです。

お宮参りのあとに写真館で写真を撮りに行ったり、食事したりするご家庭も多いです。

地域の氏神様の調べ方、祝詞は?

氏神様といってもどこの神社が氏神様かわからない場合は調べ方が何点かあります。
まずはご両親に聞いてみることです。旦那さんや自分が生まれたときに行った氏神様の神社に行くことができれば素敵ですよね。
またはインターネットで「○○(地域名) 氏神様」と検索すれば大抵でてきます。または「神社本庁」HP内の神社庁一覧で各都道府県の氏神様がわかります。

神社本庁HP神社−神社庁一覧−

神社庁一覧

お宮参りは神社に出向いてお賽銭をして赤ちゃんの幸せをお願いすればそれで十分なのですが、事前に予約等をして祝詞を奏上してもらうこともできます。
金額としては5千円から1万円くらいです。お初穂料またはお玉串料と記入してください。

私のときは祝詞をお願いしました。予約は出来ず時間内に行って受付をするという形でした。ちょうど七五三の時期とかぶったのでとても混んでおり5、6家族くらいまとめてお祓い、祝詞を奏上してもらいました。うちの家族以外は全員七五三でした。途中で泣かないでねーとヒヤヒヤでしたが無事静かに終わりました。時間は10〜15分くらいだったと思います。

 - 交通手段や準備について