準備リスト!里帰り出産で帰省時に必ず持参したほうがいいもの

   

里帰り出産は予定日の1ヶ月前くらいから実家に帰り、出産後1,2ヶ月で自宅に戻ってくる方が多いようです。自分の里帰り期間に合わせた荷物を考えましょう。

まずは期間に関係なく必要になる書類関係です。
□母子健康手帳
□診察券
□健康保険証
□印鑑
□妊婦健診の補助券
□出生届、児童手当支給申請に必要な書類

妊婦健診の補助券は自治体によって異なります。里帰り出産により県外で出産する場合、出産後に補助券分を還付するという自治体もあります。自治体によって異なるので確認してください。

里帰り出産した場合、出生届を里帰り先で出すこともできます。また、児童手当支給の申請も奥様が里帰り出産で住所地にいない場合、郵送で申請できます。これも自治体により異なるので確認してくださいね。旦那さんがやってくれる方は問題ないのですが旦那さんが平日市役所に行けない方は奥さんが提出しなくてはいけません。

児童手当の郵送による申請の場合旦那さんの免許証のコピーが必要だったりするので里帰りの前にあらかじめコピーしておいた方がいいです。満額もらうためには出生後2週間以内の申請が必要な自治体もあります。

あらかじめ里帰り先に送ったほうがいいもの

電車や飛行機に乗って実家に帰る場合大きなお腹を抱えながら大きな荷物を持つのは体に負担がかかります。2,3日無くても生活できるもので送れるものは送っちゃいましょう。

□衣類、下着
□洗面用具、基礎化粧品など
□マタニティ用品
□パジャマ
□ウォーキング用スニーカーなど
□すでに購入している赤ちゃん用品
□入院時に必要になるもので里帰り先にないもの
 ・ドライヤー
 ・小ゴミ箱
 ・スリッパ
 ・使い捨てカイロ(陣痛緩和のため)
 ・テニスボール(陣痛緩和のため)
 ・デジタルカメラ、ビデオ
 ・音楽プレイヤー

赤ちゃんの肌着や哺乳瓶などは現地調達でも大丈夫です。送るのもお金がかかりますしできるだけ送る荷物は軽い方が安くて経済的ですね。里帰り先で現地調達も可能ですし、赤ちゃん用品の通販サイトも数多くあるのでそこで購入し実家に直接送ってもらっても良いですね。私は実家の近くの赤ちゃん用品店で母親のアドバイスを受けながら必要な赤ちゃん用品(哺乳瓶やベビー用洗剤、おむつ、清浄綿など)を購入しました。赤ちゃん用品って種類が本当に数多くあるのでどれが必要なのかわからなくなります。必要な種類、量を母親に聞きながら準備できるので現地調達で私は良かったと思いました。母親に聞きながら準備できるのは里帰り出産のメリットです。

入院時に必要なものも里帰りの準備時に頭に入れておく方がいいと思います。自宅にはあるのに里帰り先で購入しないといけなくなるのは無駄ですからね。

また、ママの衣類ですが、予定日が季節の変わり目の場合、産後の季節のことを意識してください。里帰りした時点では夏服でも出産の1ヶ月後は肌寒いことはあります。私は9月末に出産しました。出産後1ヶ月すると肌寒くなり旦那さんが来てくれる時にカーディガンを持ってきてもらいました。
また、産後の授乳服や前開きの服を多めに準備しておいた方がいいです。赤ちゃんの授乳時に母乳がママの洋服についたり赤ちゃんが吐いちゃったりすることが多々あります。

チャイルドシートやベビー用スウィングシートを安く配送するには

チャイルドシートやスウィングシート、ベビーベットなどを里帰り先から自宅へ配送する場合、配送料は高くなってしまいます。

3辺合計が160cm以下で25kg以下でないと宅配便として送ってもらえません。それ以上だと家財宅配になってしまい高くなります。大きい荷物が多くなる場合は宅配業者の単身引っ越しパックを検討してみるのもいいかもしれません。平日割引等を利用すると11000円程度から利用できます。

里帰り先ではレンタルで乗り切る、という方法もあります。例えばチャイルドシートなら1週間3000円、1ヶ月4000円などで借りられます。出産して病院から帰るためだけに使うという方なら1週間だけでもいいですよね。赤ちゃん用品のレンタルは種類も豊富です。

チャイルドシートは車移動の場合は義務化されているので必要なのですが、その他の場合赤ちゃんによって必要か不必要化分かれます。例えばベビーベットです。私は里帰り先でベビーベットを購入しましたが実家では結局使いませんでした。赤ちゃんはおっぱいをあげながらの添い寝でしか寝てくれずベビーベットで寝てくれることはなかったからです。出産2週間後の助産外来で助産師さんにベビーベットで寝てくれないと伝えると、みんなそうだと言っていました。助産師さん自身はベビーベット自体を購入しなかったそうです。

もちろん自宅にワンちゃんを飼っている方は必要ですし、赤ちゃんによっては寝てくれる子もいるので一概には言えません。スウィングシートも同じですね。赤ちゃんによります。

里帰り先ではレンタルで試し、自宅に帰ってから必要であれば購入する、という形も有りだと思います。

 - 交通手段や準備について