里帰り出産に旦那が反対!夫を説得するための方法

   

妊娠がわかり夫婦で喜び合って、妊婦生活も進み、当然のように里帰り出産しようと思っていたところ旦那さんに大反対された、という奥さんも少なからずいらっしゃいますよね。ネット上には「里帰り出産しようとしたら旦那さんに甘いと言われ反対された。」や「自分のお世話は誰がするのか、と言われ反対された。」という声が多く見られます。

里帰り出産は奥さんが楽したいためのわがままではありません!出産・産後すぐの育児を甘く見ていると大変な目に遭います!
旦那さんに里帰り出産を納得してもらう方法をまとめてみました。よかったら試してください。

出産前後は何が起こるか分からないことを分かってもらう

現在半数以上の人が里帰り出産をしているというデータがあります。里帰り出産をするメリットは数多くありますが、やはり親が一緒にいてくれることの安心感が大きいです。
産前の場合、急に陣痛が来たときも大先輩の母親がそばにいてくれれば精神的に安心できます。
しかし自宅で陣痛が来た場合、日中であれば一人でタクシー呼んだり陣痛に耐えたりしなきゃいけなく、旦那さんがいる夜であっても旦那さんはきっと初めてのことで焦るばかりでしょう。
また、切迫早産と診断され自宅安静でいなくてはいけないとき実家であれば家事は全て母親にお願いできるのですが、自宅にいればやはり自分が動いてしまうという奥さんもいますよね。
産前はリラックスして出産を迎えることが必要なのです。

上で書いたようなことを理解しているか旦那さんに確認する必要があります。出産に対する知識があり、なおかつ出産時に奥さんの役に立ち支えることができるかを確認しなくてはいけません。

さらに産後はもっと支えが必要になります。
産後のお母さんの体は休めておかないといけません。いつでも横になれるように布団を敷いておいたほうがいいと助産師さんに勧められます。
また、現在出産したお母さんの10人に1人は「産後鬱(うつ)」になると言われています。
人によっては産後の体調が悪く、ひどいときにはそれが原因で亡くなる方もまれにいるくらいです。とにかく甘く見てはいけないと旦那さんには伝えるべきです。

旦那さんに周りの人からの意見を聞いてみてもらうのもあり

旦那さんが里帰りに反対している理由はご家庭によってさまざまだと思います。
ネット上で旦那さんに里帰り出産を反対されたという方の書き込みを見ていると
・旦那さんが寂しい
・旦那さんが毎日赤ちゃんに会いたい
・旦那さんは「奥さんは楽しようとしている。甘い。」と思っている
という理由が多いかなと思います。
これらの理由であれば里帰り出産をしない理由にはなりません。出産及び産後すぐの育児がどれだけ大変なことなのかわかっていないからこういう意見が出るのです。

奥さんが言っても納得しない旦那さんは実際に経験した人からの意見を聞くのがいいかなと思います。
おすすめは旦那さんの周りの子持ちの男性からです。女性側から聞いても男性は「それは女性側の意見だろー」と思ってしまうところがあるからです。
私の主人は知り合いから、「奥さん絶対里帰りした方がいいよ!うちの奥さんは育児ノイローゼっぽくなって結局実家帰ったし、自分も夜眠れなくて大変だった。」とか「産後無理して奥さん体調くずした」とか色々聞いてきて里帰り出産でゆっくりしてくるようを強く勧めてくれました。

旦那の仕事と家事と育児が両立できるのかを相談する

里帰り出産を反対する旦那さんの中には、自分も手伝うつもりでいるから里帰り出産をする必要はないと考える旦那さんもいるようです。
子供は自分たち夫婦二人の子供だから自分も毎日会って、育児を手伝いたい、と。
育児にきちんと参加したい気持ちがある旦那さんは素敵だと思います。
しかし、気持ちだけでは育児はできません。
育休を取ることができる旦那さんであれば可能かもしれません。しかし育休をとることが出来ない場合、旦那さんは日中仕事で家にいることが出来ません。日中にお母さんの体調が悪くなって横になりたいけど赤ちゃんはギャンギャン泣いている状態、なこともあります。
夜だって、2、3時間おきに起こされてミルクをあげなければいけません。
お母さんは赤ちゃんにつきっきりで奥さんと旦那さんのごはんを作ったり掃除をする時間はありません。どれだけの覚悟をもって、手伝うと言っているのか旦那さんに確認しましょう。
旦那さんは「手伝う」という意識ではだめかもしれません。それこそ、仕事と家事と育児を両立する気持ちでないと無理かもしれません。
旦那さんにきちんと理解してもらい話し合う必要があります。

実際、お父さんの育児への参加はできるだけ早いほうが父性の芽生えが早いそうです。そのため、育児への積極的参加は良いことであるのは確かです。
しかし、育児の大変さを理解せずノープランのまま出産を迎えてしまうと後で大変なことになります。
夫婦で話し合い、夫婦がともに納得した状態で出産を迎えることができるのが一番ですね。

 - 旦那について